センター試験 数学I・数学A 2018年度追試 第5問 [2] 解説

【選択問題】(第3問~第5問から2問選択)

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}$一般の凸多面体(へこみのない多面体)の頂点の数 $v$, 辺の数 $e$, 面の数 $f$ について $v-e+f$ の値を考える。例えば、立方体の場合で考えると、この値は $\myBox{ク}$ である。

 以下では $v:e=2:5$ かつ $f=38$ であるような凸多面体について考える。オイラーの多面体定理により $v-e+f=\mybox{ク}$ であることがわかるので、 $v=\myBox{ケコ}$, $e=\myBox{サシ}$ である。

 さらに、この凸多面体は $x$ 個の正三角形の面と $y$ 個の正方形の面で構成されていて、各頂点の集まる辺の数はすべて同じ $\ell$ であるとする。このとき $3x+4y=\myBox{スセソ}$ であることから $x=\myBox{タチ}$ であり、さらに $\ell=\myBox{ツ}$ である。

【広告】
河合塾数学科の考える「思考力・判断力・表現力」をまとめ、これに基づいて過去の入試問題を分析し、その中から思考力を養うために経験しておきたい問題を収集し解答・解説を収録。また、思考調査の問題を参考にして「共通テスト型問題」を作成。
著者:河合塾数学科
出版社:河合出版
発売日:2018-06-01
ページ数:125 ページ
値段:¥1,430
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

オイラーの多面体定理に関する問題ですが、あまり練習する機会がないので、慣れていない人が多いでしょう。

オイラーの多面体定理の内容を覚えていなくても、問題文に沿って行けば解けるようになっていて親切です。ただ、後半は、頂点、辺、面の間に成り立つ他の関係式を自分で導く必要があり、類題を解いたことがないとなかなか難しいでしょう。わかりやすい立方体などを使って、どのように計算するかを考えると解きやすいかもしれません。

1 2