センター試験 数学I・数学A 2018年度追試 第1問 [3] 解説

【必答問題】

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}$実数 $a$ は2次不等式 $a^2-3\lt a$ を満たすとする。このとき $a$ のとり得る値の範囲は\[
\frac{\myBox{ト}-\sqrt{\myBox{ナニ}}}{\myBox{ヌ}}\lt a \lt \frac{\mybox{ト}+\sqrt{\mybox{ナニ}}}{\mybox{ヌ}} \]である。

 $x$ の2次関数\[ f(x)=-x^2+1 \]を考える。

 $a^2-3\leqq x\leqq a$ における関数 $y=f(x)$ の最大値が $1$ であるような $a$ の値の範囲は\[ \myBox{ネ}\leqq a \leqq \sqrt{\myBox{ノ}} \]である。

 また、 $a^2-3\leqq x\leqq a$ における関数 $y=f(x)$ の最大値が $1$ で、最小値が $f(a)$ であるような $a$ の値の範囲は\[ \frac{\myBox{ハヒ}+\sqrt{\myBox{フヘ}}}{\myBox{ホ}} \leqq a \leqq \sqrt{\mybox{ノ}} \]である。

【広告】
ファンタジーイラスト×リアルデータで贈るエンタメ学科ガイド。ライトな見た目とは裏腹に収録情報は骨太。伝統ある定番の学科から新進気鋭の学科まで、多様化する専攻分野の実態と卒業後の進路を、学費・取得資格&検定、進路&就職先といったお役立ち情報とともに楽しく解説していきます。
著者:石渡 嶺司
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2017-09-15
ページ数:192 ページ
値段:¥1,100
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

1つ目は標準的な二次不等式の問題です。2つ目は、最大値が $1$ となるのは、区間がどうなっているときかを考えます。

最後は少し難しいです。左端での値と右端での値を比較すればいいのですが、それは難しいので別の方法を考えます。関数の値を直接使わずに最小値について考えるために条件をどう言い換えるかがポイントになります。

1 2