センター試験 数学I・数学A 2018年度追試 第1問 [3] 解説

【必答問題】

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}$実数 $a$ は2次不等式 $a^2-3\lt a$ を満たすとする。このとき $a$ のとり得る値の範囲は\[
\frac{\myBox{ト}-\sqrt{\myBox{ナニ}}}{\myBox{ヌ}}\lt a \lt \frac{\mybox{ト}+\sqrt{\mybox{ナニ}}}{\mybox{ヌ}} \]である。

 $x$ の2次関数\[ f(x)=-x^2+1 \]を考える。

 $a^2-3\leqq x\leqq a$ における関数 $y=f(x)$ の最大値が $1$ であるような $a$ の値の範囲は\[ \myBox{ネ}\leqq a \leqq \sqrt{\myBox{ノ}} \]である。

 また、 $a^2-3\leqq x\leqq a$ における関数 $y=f(x)$ の最大値が $1$ で、最小値が $f(a)$ であるような $a$ の値の範囲は\[ \frac{\myBox{ハヒ}+\sqrt{\myBox{フヘ}}}{\myBox{ホ}} \leqq a \leqq \sqrt{\mybox{ノ}} \]である。

【広告】
現役公立高校教師としては初めて、Youtubeに世界史の授業動画を公開し、たちまち、大学受験生や社会人、教育関係者から「神授業! 」として話題沸騰の現役・公立高校教師が書いた"新感覚"の世界史の教科書!大学受験、学び直しにも。高校生から、主婦、社会人まで必読の1冊!
著者:斎藤充
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2018-08-18
ページ数:352 ページ
値段:¥1,650
(2020年10月 時点の情報です)

考え方

1つ目は標準的な二次不等式の問題です。2つ目は、最大値が $1$ となるのは、区間がどうなっているときかを考えます。

最後は少し難しいです。左端での値と右端での値を比較すればいいのですが、それは難しいので別の方法を考えます。関数の値を直接使わずに最小値について考えるために条件をどう言い換えるかがポイントになります。

1 2