センター試験 数学I・数学A 2016年度追試 第2問 [2] 解説

問題編

問題

(注:一部表記を調整しています)

 30人の生徒に数学のテストを行った。次の表1は、その結果である。ただし、表1の数値はすべて正確な値であるとして解答せよ。

 表1 数学のテストの得点
\begin{array}{ccccccccccccccc}
\hline
62 & 54 & 44 & 30 & 88 & 24 & 45 & 55 & 68 & 51 & 46 & 86 & 82 & 71 & 63 \\
70 & 55 & 61 & 74 & 65 & 74 & 30 & 72 & 74 & 85 & 98 & 66 & 71 & 78 & 96 \\
\hline
\end{array}

 次の表2は、表1の30人のテストの得点を度数分布表にしたものである。

表2 30人の生徒の得点の度数分布表
階級(点) 度数(人)
20以上 30未満 1
30以上 40未満 2
40以上 50未満 3
50以上 60未満 4
60以上 70未満 6
70以上 80未満 8
80以上 90未満 4
90以上 100未満 2
合計 30

30人の得点の中央値は [コサ] である。

【広告】
ハイレベルな基礎の徹底の上に、本物の数学力が育つ。東大受験指導の名門・鉄緑会大阪校で実際に行われている「数学の基礎固め」。東大・京大・難関国立大学を目指す受験生のための、強固な数学の基礎力がつく一書。
著者:鉄緑会大阪校数学科
出版社:KADOKAWA
発売日:2015-11-28
ページ数:337 ページ
値段:¥2,200
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

度数分布表は、ざっくりとした順番を把握するために使います。中央値がどこの階級に入るかを確認してから、表1のデータを見るようにしましょう。

1 2