京都大学 理系 2018年度 第1問 解説

問題編

問題

 $0$ でない実数 a, b, c は次の条件(i)と(ii)を満たしながら動くものとする。

 (i) $1+c^2\leqq 2a$
 (ii) 2つの放物線 $C_1:y=ax^2$ と $C_2:y=b(x-1)^2+c$ は接している。

ただし、2つの曲線が接するとは、ある共有点において共通の接線をもつことであり、その共有点を接点という。

(1) $C_1$ と $C_2$ の接点の座標を ac を用いて表せ。

(2) $C_1$ と $C_2$ の接点が動く範囲を求め、その範囲を図示せよ。

【広告】
この本のテーマは《伝える》ことです。私たちは、この本で、数学的に正当な思考・数学的な事実を、どうすれば文章にして他者に伝えられるか、懸命に説明しています。
ちょっとした言葉づかい、論理的な説明の順序、条件と命題の違いの意識、いろいろな文字の立場の理解・・・・・・きっと、読者の皆さんの考えを読み手に《伝える》ために、すぐ役立つはずです。
著者:松野 陽一郎
出版社:旺文社
発売日:2018-09-18
ページ数:192 ページ
値段:¥1,540
(2021年09月 時点の情報です)

考え方

(1)は、「接点」という情報から式を2つ作ります。よくある方法です。

(2)は、条件(i)を変形していけば、範囲が得られます。しかし、「0でない実数」という条件を満たしているかは、注意深く検証する必要があります。

1 2