京都大学 理系 2018年度 第4問 解説

問題編

問題

 コインを n 回投げて複素数 $z_1,z_2,\cdots,z_n$ を次のように定める。

(i) 1回目に表が出れば $z_1=\dfrac{-1+\sqrt{3}i}{2}$ とし、裏が出れば $z_1=1$ とする。
(ii) $k=2,3,\cdots,n$ のとき、k 回目に表が出れば $z_k=\dfrac{-1+\sqrt{3}i}{2}z_{k-1}$ とし、裏が出れば $z_k=\overline{z_{k-1}}$ とする。ただし、 $\overline{z_{k-1}}$ は $z_{k-1}$ の共役複素数である。

このとき、 $z_n=1$ となる確率を求めよ。

【広告】
現役公立高校教師として、初めてYouTubeに日本史や世界史などの社会科目の授業動画を公開し、
たちまち、大学受験生や社会人、教育関係者から「神授業!」として話題沸騰の
現役・公立高校教師が書いた、新感覚の日本史の教科書!

古代から現代まで、1つのストーリーで読み解く日本史に
あなたも必ずハマる!
著者:山﨑 圭一
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2019-09-07
ページ数:352 ページ
値段:¥1,650
(2021年09月 時点の情報です)

考え方

$z_k$ のとりうる値は限られています。まずはそこに気づくのがポイントです。それぞれのとる値の確率を求める、という方針で考え始めましょう。

確率漸化式を作る問題はよく出ています。少し変わった表現の仕方ですが、式さえできればあとは同じです。

1 2