京都大学 理系 2018年度 第3問 解説

問題編

問題

 $\alpha$ は $0\lt \alpha \leqq\dfrac{\pi}{2}$ を満たす定数とし、四角形 ABCD に関する次の2つの条件を考える。

 (i) 四角形 ABCD は半径 $1$ の円に内接する。
 (ii) $\angle \mathrm{ ABC }=\angle \mathrm{ DAB }=\alpha$

 条件(i)と(ii) を満たす四角形のなかで、4辺の長さの積\[ k=\mathrm{ AB }\cdot\mathrm{ BC }\cdot\mathrm{ CD }\cdot\mathrm{ DA } \]が最大となるものについて、 k の値を求めよ。

【広告】
●入試出現語の95%をカバー
近年の入試問題(約660万語)を徹底分析し、入試突破に必須の約1900語を厳選しました。
これらの派生語・関連語を含めて合計約3100語を掲載。
この1冊で入試に出現する単語の95%をマスターできます。
著者:風早 寛
出版社:Z会
発売日:2019-03-05
ページ数:464 ページ
値段:¥1,100
(2021年09月 時点の情報です)

考え方

(i)の条件があるので、正弦定理を使って、角度を用いて辺の長さを表すことを考えましょう。ある角度を変数として、 k を変形していきます。

最後は、最大値をとることがあるか、きちんと述べるようにしましょう。

1 2