センター試験 数学I・数学A 2020年度追試 第3問 解説

【選択問題】(第3問~第5問から2問選択)

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}$つぼの中に6個の赤玉と4個の白玉の合計10個の玉が入っている。このつぼから、玉を1個ずつ10回続けて取り出す。ただし、一度取り出した玉はもとに戻さないものとする。

(1) 1回目と2回目に連続して赤玉が取り出される確率は $\dfrac{\myBox{ア}}{\myBox{イ}}$ である。

(2) $i$ を $2$ から $9$ までの整数とし、 $i$ 回目と $(i+1)$ 回目に連続して赤玉が取り出される確率 $p_i$ を考える。同じ色の玉は区別しない場合、10個すべての玉の取り出し方は、取り出した玉を1列に並べる並べ方の総数に等しく、 $\myBox{ウエオ}$ 通りである。それらのうち、8回目の取り出しを終えた時点で白玉がすべて取り出されている取り出し方は $\myBox{カキ}$ 通りである。よって、 $p_9$ の値は $\dfrac{\myBox{ク}}{\myBox{ケ}}$ である。また、 $p_3$ の値は $\dfrac{\myBox{コ}}{\myBox{サ}}$ である。

(3) 4回目の取り出しを終えた時点で赤玉が2個以上取り出されている確率は $\dfrac{\myBox{シス}}{\myBox{セソ}}$ である。よって、4回目の取り出しを終えた時点で赤玉が2個以上取り出されていたとき、1回目と2回目に連続して赤玉が取り出されている条件付き確率は $\dfrac{\myBox{タチ}}{\myBox{ツテ}}$ である。

(4) 4回目の取り出しを終えた時点で赤玉が2個以上取り出されていたとき、9回目と10回目に連続して赤玉が取り出される条件付き確率は $\dfrac{\myBox{トナ}}{\myBox{ニヌネ}}$ である。

(5) つぼからまず3個の玉を同時に取り出して、玉の色は確認せずに印をつけてつぼに戻したのち、改めて玉を1個ずつ10回続けて取り出す。一度取り出した玉はもとに戻さない。9回目と10回目に連続して印のついた赤玉が取り出される確率は $\dfrac{\myBox{ノ}}{\myBox{ハヒ}}$ である。

【広告】
日常学習と入試対策への必須問題を漏れなく収録。章トビラに、その章で扱う例題とコラムの一覧を掲載。本文は、定理や公式など、問題を解く上で基本となるものをまとめた「基本事項」、教科書で扱われているレベルの問題が中心の「基本例題」、入試対策に向けた、応用力の定着に適した問題がそろった「重要例題」などで構成。各単元末には、例題に関連する問題を取り上げた「EXERCISES」を収録。他の単元の内容が絡んだ問題や、応用度がかなり高い問題を題材とする例題は、「関連発展問題」として適宜章末などに収録。巻末には、基本~標準レベルの入試問題を中心に取り上げた「総合演習」、大学入学共通テストの対策ができる「実践編」を収録。
著者:チャート研究所
出版社:数研出版
発売日:2019-11-01
ページ数: ページ
値段:¥2,365
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

(4)まででも十分難しいですが、(5)でとどめを刺しに来ています。

どのように考えるかで複雑さが変わってきますが、考え方の方針は(2)で与えられているので、これにそっていくのがいいでしょう。

(5)は、問題文にある通りの操作を考えるのは難しいかもしれません。問題文を言い換えてから考えないと求めにくいと思います。

1 2