共通テスト 数学I・数学A 2021年度追試 第2問 [1] 解説

【必答問題】

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}\def\dBox#1{\bbox[4px, border: 2px solid ]{\bbox[2px, border: 1px solid ]{\ \bf{ #1 }\ } }}\def\dbox#1{\bbox[4px, border: 1px solid ]{\bbox[2px, border: 1px solid ]{\ #1\ } }}$花子さんと太郎さんのクラスでは、文化祭でたこ焼き店を出店することになった。二人は1皿あたりの価格をいくらにするかを検討している。次の表は、過去の文化祭でのたこ焼き店の売り上げデータから、1皿あたりの価格と売り上げ数の関係をまとめたものである。

1皿あたりの価格(円) 200 250 300
売り上げ数(皿) 200 150 100

(1) まず、二人は、上の表から、1皿あたりの価格が50円上がると売り上げ数が50皿減ると考えて、売り上げ数が1皿あたりの価格の1次関数で表されると仮定した。このとき、1皿あたりの価格を $x$ 円とおくと、売り上げ数は\[ \myBox{アイウ}-x\quad\cdots① \]と表される。

(2) 次に、二人は、利益の求め方について考えた。

花子:利益は、売り上げ金額から必要な経費を引けば求められるよ。

太郎:売り上げ金額は、1皿あたりの価格と売り上げ数の積で求まるね。

花子:必要な経費は、たこ焼き用器具の貸借料と材料費の合計だね。材料費は、売り上げ数と1皿あたりの材料費の積になるね。

 

 二人は、次の三つの条件のもとで、1皿あたりの価格 $x$ を用いて利益を表すことにした。

 

(条件1)1皿あたりの価格が $x$ 円のときの売り上げ数として①を用いる。

(条件2)材料は、①により得られる売り上げ数に必要な分量だけ仕入れる。

(条件3)1皿あたりの材料費は 160円である。たこ焼き用器具の貸借料は 6000円である。材料費とたこ焼き用器具の貸借料以外の経費はない。

 

 利益を $y$ 円とおく。 $y$ を $x$ の式で表すと\[ y=-x^2+\myBox{エオカ}x-\myBox{キ}\times 10000 \quad\cdots② \]である。

(3) 太郎さんは利益を最大にしたいと考えた。②を用いて考えると、利益が最大になるのは1皿あたりの価格が $\myBox{クケコ}$ 円のときであり、そのときの利益は $\myBox{サシスセ}$ 円である。

(4) 花子さんは、利益を 7500円以上となるようにしつつ、できるだけ安い価格で提供したいと考えた。②を用いて考えると、利益が 7500円以上となる1皿あたりの価格のうち、最も安い価格は $\myBox{ソタチ}$ 円となる。

【広告】
この本のテーマは《伝える》ことです。私たちは、この本で、数学的に正当な思考・数学的な事実を、どうすれば文章にして他者に伝えられるか、懸命に説明しています。
著者:松野 陽一郎
出版社:旺文社
発売日:2018-09-18
ページ数:192 ページ
値段:¥1,540
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

問題文を読んで、二次関数を作って解いていく問題です。共通テストの試行問題にも似た問題がありました。

問題文をよく読んで、本質的でないところでミスしないようにしましょう。計算量は多くないですが、最後の因数分解は数が大きいので少しやりづらいかもしれません。

1 2