共通テスト 数学I・数学A 2018年度プレテスト 第1問 [3] 解説

2018年11月に実施された、大学入試共通テスト導入に向けたプレテストの問題です。元の資料をできる限り再現していますが、一部でレイアウトが変わっています。画像は、大学入試センターのサイトから取得しています。

【必答問題】

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}$久しぶりに小学校に行くと、階段の一段一段の高さが低く感じられることがある。これは、小学校と高等学校とでは階段の基準が異なるからである。学校の階段の基準は、下のように建築基準法によって定められている。

 高等学校の階段では、蹴上げ(けあげ)が 18cm 以下、踏面(ふみづら)が 26cm 以上となっており、この基準では、傾斜は最大で約 35°である。

 階段の傾斜をちょうど 33°とするとき、蹴上げを 18cm 以下にするためには、踏面をどのような範囲に設定すればよいか。踏面を $x$ cm として、 $x$ のとり得る値の範囲を求めるための不等式を、33°の三角比と $x$ を用いて表せ。解答は、解答欄 $\myBox{(い)}$ に記述せよ。ただし踏面と蹴上げの長さはそれぞれ一定であるとし、また、踏面は水平であり、蹴上げは踏面に対して垂直であるとする。

(本問題の図は、「建築基準法の階段に係る基準について」(国土交通省)をもとに作成している。)

【広告】
入試頻出の強調構文や倒置を、「強調構文に気づくか」という後づけの解説や、「倒置になっている」という結果論ではなく、「どうやって気づくのか?」「倒置を使うときのキモチ」を納得いくまで解説。“英文を読み解くために必要な文法や構文”に焦点を絞って解説。ただ英文の解析結果を述べるのではなく「英語を読むときのアタマの使い方」を説明。収録した英文は、あらゆる入試問題を分析して厳選。
著者: 関 正生
出版社: KADOKAWA/中経出版
発売日: 2011/09/06
380ページ

考え方

はじめて見る用語が出てきますが、図があるので意味は分かるでしょう。

「蹴上げを 18cm以下にする」という条件を、 $x$ を使った式で表せばいいですね。上限だけでなく、下限もあることに注意しましょう。問題文をよく読まないと、下限をミスしてしまうかもしれません(そこは数学の問題ではない気がしますが)。