センター試験 数学I・数学A 2019年度追試 第2問 [1] 解説

【必答問題】

問題編

問題

 $\def\myBox#1{\bbox[3px, border:2px solid]{\ \bf{ #1 }\ }}\def\mybox#1{\bbox[4px, border:1px solid gray]{\ #1\ }}$$\triangle \mathrm{ ABC }$ において、 $\mathrm{ BC }=12$, $\cos\angle \mathrm{ ABC }=\dfrac{1}{3}$, $\cos\angle \mathrm{ ACB }=\dfrac{7}{9}$ とする。このとき
\begin{eqnarray}
& & \mathrm{ AB } \cdot \cos\angle \mathrm{ ABC }+\mathrm{ AC }\cdot\cos\angle \mathrm{ ACB }=\myBox{アイ}, \\[5pt] & & \dfrac{\mathrm{ AB }}{\mathrm{ AC }}=\frac{\myBox{ウ}}{\myBox{エ}}
\end{eqnarray}である。

 したがって\[ \mathrm{ AB }=\myBox{オ},\ \mathrm{AC}=\myBox{カキ} \]であり、辺 BC の中点を D とすると $\mathrm{ AD }=\myBox{ク}\sqrt{\myBox{ケコ}}$ である。

【広告】
入試頻出の強調構文や倒置を、「強調構文に気づくか」という後づけの解説や、「倒置になっている」という結果論ではなく、「どうやって気づくのか?」「倒置を使うときのキモチ」を納得いくまで解説。“英文を読み解くために必要な文法や構文”に焦点を絞って解説。ただ英文の解析結果を述べるのではなく「英語を読むときのアタマの使い方」を説明。収録した英文は、あらゆる入試問題を分析して厳選。
著者: 関 正生
出版社: KADOKAWA/中経出版
発売日: 2011/09/06
380ページ

考え方

アイの部分は、第一余弦定理と呼ばれるものです。ただ、それを知らなくても、 $\mathrm{ AB } \cdot \cos\angle \mathrm{ ABC }$ などがどの部分を表しているか、図をかけば思いつけるでしょう。

ウエの部分は、ノーヒントだと少し難しいですが、図を用いて何かを2通りで表すという方針で考えるといいでしょう。もしくは、有名な定理を使います。

これができれば、残りはそれほど難しくはないでしょう。「したがって」とあるので、先ほどの2つの式を使って、辺の長さを求めます。 AD は、三角形 ABD で、すでにわかっている辺や角の情報から、何を使うか考えましょう。