センター試験 数学I・数学A 2016年度 第4問 解説

問題編

問題

(1) 不定方程式\[ 92x+197y=1 \]を満たす整数 x, y の組の中で、x の絶対値が最小のものは
\[ x=[アイ],\quad y=[ウエ] \]である。不定方程式
\[ 92x+197y=10 \]を満たす整数 x, y の組の中で、x の絶対値が最小のものは
\[ x=[オカキ],\quad y=[クケ] \]である。

(2) 2進法で$11011_{(2)}$と表される数を4進法で表すと$[コサシ]_{(4)}$である。

 次の0~5の6進法の小数のうち、10進法で表すと有限小数として表せるのは、[ス]、[セ]、[ソ]である。ただし、解答の順序は問わない。

0: $0.3_{(6)}$
1: $0.4_{(6)}$
2: $0.33_{(6)}$
3: $0.43_{(6)}$
4: $0.033_{(6)}$
5: $0.043_{(6)}$

【広告】
入試に出題される基本的な問題を『基礎問』として取り上げ、教科書から入試問題を解くための橋渡しを行います。
特に、私立大に出題が多い小問集合が確実にクリアできる力がつきます。
著者:上園信武
出版社:旺文社
発売日:2020-02-20
ページ数:300 ページ
値段:¥1,210
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

(1)は不定方程式の典型的な問題ですが、よく練習しておかないと解くのは難しいです。後半は前半の結果を使いますが、答えるものは「x の絶対値が最小のもの」であることに注意して答えましょう。

(2)は、2進数はいいとして、6進数の小数は少し変わった問題ですね。n 進法の小数の表し方がわかれば、あとはただ計算するだけですが、小数の変換までカバーできていた人は多くなかったかもしれません。

1 2