センター試験 数学I・数学A 2015年度 第2問 [2] 解説

問題編

【問題】
$\triangle$ABCにおいて、$\mathrm{ AB }=3$、$\mathrm{ BC }=5$、$\angle \mathrm{ ABC }=120^{\circ}$とする。

このとき、$\mathrm{ AC }=[オ]$、$\displaystyle \sin\angle \mathrm{ ABC }=\frac{\sqrt{[カ]}}{[キ]}$であり、$\displaystyle \sin\angle \mathrm{ BCA }=\frac{[ク]\sqrt{[ケ]}}{[コサ]}$である。

直線BC上に点Dを、$\mathrm{ AD }=3\sqrt{3}$かつ$\angle\mathrm{ ADC }$が鋭角、となるようにとる。点Pを線分BD上の点とし、$\triangle$APCの外接円の半径をRとすると、Rのとり得る値の範囲は$\displaystyle \frac{[シ]}{[ス]} \leqq R \leqq [セ]$である。

【広告】
教科書や従来の参考書では、いろいろ書かれているわりに、読者が一番知りたい肝心なことは省かれている傾向があります。本書は、ここを重点的に丁寧に解説しました。ですから、しっかり読んでもらえばスムーズに理解してもらえるはずです。本書は気楽に読めて即効的な力がつくことを謳うものではありません。しっかり読む人に、数学的な心と考えること理解することの喜びと力を伝えるものです。
著者:長岡 亮介
出版社:旺文社
発売日:2012-09-23
ページ数:752 ページ
値段:¥1,870
(2020年09月 時点の情報です)

【考え方】
前半は、正弦定理、余弦定理を使って、他の辺の長さなどを求める問題です。

後半は、「外接円の半径」なので正弦定理を使いますが、角度がどう変わるのか考えながら解く必要があります。

1 2