東京大学 理系 2020年度 第4問 解説

問題編

問題

 $n,k$ を、 $1\leqq k\leqq n$ を満たす整数とする。 $n$ 個の整数\[ 2^m\quad(m=0,1,2,\cdots,n-1) \]から異なる $k$ 個を選んでそれらの積をとる。 $k$ 個の整数の選び方すべてに対しこのように積をとることにより得られる ${}_n\mathrm{C}_k$ 個の整数の和を $a_{n,k}$ とおく。例えば、\[ a_{4,3}=2^0\cdot2^1\cdot2^2 +2^0\cdot2^1\cdot2^3+2^0\cdot2^2\cdot2^3+2^1\cdot2^2\cdot2^3=120\]である。

(1) $2$ 以上の整数 $n$ に対し、 $a_{n,2}$ を求めよ。

(2) $1$ 以上の整数 $n$ に対し、 $x$ についての整式\[ f_n(x)=1+a_{n,1}x+a_{n,2}x^2+\cdots+a_{n,n}x^n \]を考える。 $\dfrac{f_{n+1}(x)}{f_n(x)}$ と $\dfrac{f_{n+1}(x)}{f_n(2x)}$ を $x$ についての整式として表せ。

(3) $\dfrac{a_{n+1,k+1}}{a_{n,k}}$ を $n,k$ で表せ。

【広告】
現役公立高校教師としては初めて、Youtubeに世界史の授業動画を公開し、たちまち、大学受験生や社会人、教育関係者から「神授業! 」として話題沸騰の現役・公立高校教師が書いた"新感覚"の世界史の教科書!大学受験、学び直しにも。高校生から、主婦、社会人まで必読の1冊!
著者:斎藤充
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2018-08-18
ページ数:352 ページ
値段:¥1,650
(2020年10月 時点の情報です)

考え方

見るからに大変そうですが、実際大変です。

(1)は $a_{n,k}$ の定義がきちんと把握できていたら、計算を頑張るだけです。

(2)は手がかりが少ないですね。ただ、問題文自体をヒントとして使ってみましょう。 $f_{n+1}(x)$ は $n+1$ 次式で $f_n(x)$ は $n$ 次式です。なので、割ったものが整式となるなら、1次式になるはずです。しかも、定数項は $1$ になることがわかるので、どちらも、 $ax+1$ の形の答えになることがわかります。あとは $x$ の係数を求めるだけです。 $f_{n+1}(x)$ の $x^k$ の項と、 $f_n(x)$ の $x^{k-1}$ と $x^k$ の項との関係を考えればいいことがわかります。

(3)は(2)の結果を使います。(2)で2つの式が得られるので、文字を一つ消すことができます。

1 2