東京大学 理系 2019年度 第6問 解説

問題編

問題

 複素数 $\alpha$, $\beta$, $\gamma$, $\delta$ および実数 a, b が、次の3条件を満たしながら動く。

条件1: $\alpha$, $\beta$, $\gamma$, $\delta$ が相異なる。

条件2: $\alpha$, $\beta$, $\gamma$, $\delta$ は4次方程式 $z^4-2z^3-2az+b=0$ の解である。

条件3:複素数 $\alpha\beta+\gamma\delta$ の実部は $0$ であり、虚部は $0$ でない。

(1) $\alpha$, $\beta$, $\gamma$, $\delta$ のうち、ちょうど2つが実数であり、残りの2つは互いに共役な複素数であることを示せ。

(2) $b$ を $a$ で表せ。

(3) 複素数 $\alpha+\beta$ がとりうる範囲を複素数平面上に図示せよ。

【広告】
日常学習と入試対策への必須問題を漏れなく収録。章トビラに、その章で扱う例題とコラムの一覧を掲載。本文は、定理や公式など、問題を解く上で基本となるものをまとめた「基本事項」、教科書で扱われているレベルの問題が中心の「基本例題」、入試対策に向けた、応用力の定着に適した問題がそろった「重要例題」などで構成。各単元末には、例題に関連する問題を取り上げた「EXERCISES」を収録。他の単元の内容が絡んだ問題や、応用度がかなり高い問題を題材とする例題は、「関連発展問題」として適宜章末などに収録。巻末には、基本~標準レベルの入試問題を中心に取り上げた「総合演習」、大学入学共通テストの対策ができる「実践編」を収録。
著者:チャート研究所
出版社:数研出版
発売日:2019-11-01
ページ数: ページ
値段:¥2,365
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

(1)は、4つの複素数が実数係数の4次方程式の解であることから、虚数があるとすれば、2個か4個しかありません。共役な複素数も解になることと条件3を使って示しましょう。

(2)は、条件2の方程式の係数を利用して考えていきましょう。互いに共役な複素数と実数2つであることがわかっているので、この4つの複素数は、4つの実数を使って表すことができます。これと方程式の係数から、条件を絞っていきます。

(3)は、どのように解いていけばいいのか、少しわかりづらいですが、(2)を導くときに用いた式を用いましょう。

1 2