京都大学 理系 2020年度 第4問 解説

問題編

問題

 正の整数 $a$ に対して

 $a=3^bc$ ( $b,c$ は整数で $c$ は $3$ で割り切れない)

の形に書いたとき、 $B(a)=b$ と定める。例えば、 $B(3^2\cdot 5)=2$ である。

 $m,n$ は整数で、次の条件を満たすとする。

 (i) $1\leqq m \leqq 30$
 (ii) $1\leqq n \leqq 30$
 (iii) $n$ は $3$ で割り切れない。

このような $(m,n)$ について\[ f(m,n)=m^3+n^2+n+3 \]とするとき、\[A(m,n)=B(f(m,n))\]の最大値を求めよ。また、 $A(m,n)$ の最大値を与えるような $(m,n)$ をすべて求めよ。

【広告】
入試に出題される基本的な問題を『基礎問』として取り上げ、教科書から入試問題を解くための橋渡しを行います。
特に、私立大に出題が多い小問集合が確実にクリアできる力がつきます。
著者:上園信武
出版社:旺文社
発売日:2020-02-20
ページ数:300 ページ
値段:¥1,210
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

難しく書いていますが、結局、 $a$ を3で割れる最大回数が $B(a)$ 回、ということです。場合分けをして考えていきますが、3で割れる回数が多くなるような場合にしぼって考えていくようにしましょう。

1 2