京都大学 理系 2019年度 第4問 解説

問題編

問題

 1つのさいころを n 回続けて投げ、出た目を順に $X_1,X_2,\cdots,X_n$ とする。このとき次の条件をみたす確率を n を用いて表せ。ただし $X_0=0$ としておく。

 条件: $1\leqq k\leqq n$ をみたす k のうち、 $X_{k-1}\leqq 4$ かつ $X_k\geqq 5$ が成立するような k の値はただ1つである。

【広告】
入試に出題される基本的な問題を『基礎問』として取り上げ、教科書から入試問題を解くための橋渡しを行います。
特に、私立大に出題が多い小問集合が確実にクリアできる力がつきます。
著者:上園信武
出版社:旺文社
発売日:2020-02-20
ページ数:300 ページ
値段:¥1,210
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

こういう問題では、よく、 $n-1$ と $n$ との状況を比較して考えることが多いです。しかし、この問題では出る目の条件がわかりやすいので、漸化式を使わずに解いていきます。

いつ $4$ 以下の値に戻るか、に着目する方法と、何回続けて $5$ 以上が出るか、に着目する方法とがありますが、どちらにしても、正確に計算するのはなかなか難しいです。

1 2