京都大学 理系 2019年度 第2問 解説

問題編

問題

 $f(x)=x^3+2x^2+2$ とする。 $|f(n)|$ と $|f(n+1)|$ がともに素数となる整数 n をすべて求めよ。

【広告】

考え方

$2x^2+2$ の部分は必ず偶数です。なので、 $n$ の偶奇と $n^3$ の偶奇と $f(n)$ の偶奇は一致します。 $f(n)$, $f(n+1)$ のどちらかは偶数ということなので、 n の候補はかなり絞ることができます。