京都大学 理系 2013年度 第6問 解説

問題編

問題

 投げたときに表が出る確率と裏が出る確率が等しい硬貨を用意する。数直線上に石を置き、この硬貨を投げて表が出れば数直線上で原点に関して対称な点に石を移動し、裏が出れば数直線上で座標 $1$ の点に関して対称な点に石を移動する。

(1) 石が座標 $x$ の点にあるとする。2回硬貨を投げたとき、石が座標 $x$ の点にある確率を求めよ。

(2) 石が原点にあるとする。 $n$ を自然数とし、 $2n$ 回硬貨を投げたとき、石が座標 $2n-2$ の点にある確率を求めよ。

【広告】
京大理系数学の攻略には4つの思考過程を身につけよ!

京都大学の前期試験の当日、数学の前の休み時間に大部分の受験生が開いていると実しやかに噂されている『セカ京』も3rdシーズンに突入。
新たに10題前後の問題を追加し、例題+類題を1セットとする50テーマにより、京大数学の過去問から特徴的な問題を網羅。
いかにして京大理系数学を解くかを、「理解」「計画」「実行」「検討」の4つステップで解説する構成はそのままに、難化が止まらない京大数学に対応するため本文を改定。
著者:池谷 哲
出版社:KADOKAWA
発売日:2021-01-29
ページ数:592 ページ
値段:¥2,530
(2021年09月 時点の情報です)

考え方

硬貨を1回投げたあとで、どこに移動するかをまず考えましょう。変わった移動に見えますが、よく考えるとどこに移動するかはわかりやすいです。

(2)は(1)を使います。投げる回数が $n$ 倍になっているので、(1)を $n$ 回行うと考えましょう。

1 2