京都大学 理系 2013年度 第1問 解説

問題編

問題

 平行四辺形 ABCD において、辺 AB を $1:1$ に内分する点を E、辺 BC を $2:1$ に内分する点を F、辺 CD を $3:1$ に内分する点を G とする。線分 CE と線分 FG の交点を P とし、線分 AP を延長した直線と辺 BC の交点を Q とするとき、比 AP:PQ を求めよ。

【広告】
■これぞ京大! 不朽の名作・傑作選。究極の思考力問題集
■“京大らしいテーマ"(誘導がない! /論証しにくい! /京大名物・整数問題…)で編成
■自力で解くための底力を養う珠玉の64題
著者:杉山 義明
出版社:教学社
発売日:2018-11-28
ページ数:240 ページ
値段:¥2,530
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

よく見かける設定で、何をすべきかはすぐにわかります。計算も大変ではありません。これを1問目にもってきてくれるのは、かなり親切です。

1 2