京都大学 理系 2013年度 第2問 解説

問題編

問題

 $N$ を $2$ 以上の自然数とし、 $a_n\ (n=1,2,\ldots)$ を次の性質(i), (ii) をみたす数列とする。

 (i) $a_1=2^N-3$,

 (ii) $n=1,2,\ldots$ に対して、
  $a_n$ が偶数のとき $a_{n+1}=\dfrac{a_n}{2}$, $a_n$ が奇数のとき $a_{n+1}=\dfrac{a_n-1}{2}$ 。

このときどのような自然数 $M$ に対しても\[ \sum_{n=1}^M a_n\leqq 2^{N+1}-N-5 \]が成り立つことを示せ。

【広告】
ハイレベルな基礎の徹底の上に、本物の数学力が育つ。東大受験指導の名門・鉄緑会大阪校で実際に行われている「数学の基礎固め」。東大・京大・難関国立大学を目指す受験生のための、強固な数学の基礎力がつく一書。
著者:鉄緑会大阪校数学科
出版社:KADOKAWA
発売日:2015-11-28
ページ数:337 ページ
値段:¥2,200
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

問題文を読んだだけでは、どういう数列なのか、不等式の右辺がどういうものなのかがわかりにくいです。こういう場合は、まず、具体例で実験してみましょう。

$N=2,3,4,5$ くらいなら、計算しても、そんなに時間はかからないはずです。実際の値を見てみると、この数列の性質がわかってきます。これらをもとに、一般的な形でどういう式変形ができるかを考えていくといいでしょう。