京都大学 理系 2006年度後期 第6問 解説

問題編

【問題】
 $\tan 1^{\circ}$は有理数か。

【広告】
■これぞ京大! 不朽の名作・傑作選。究極の思考力問題集
■“京大らしいテーマ"(誘導がない! /論証しにくい! /京大名物・整数問題…)で編成
■自力で解くための底力を養う珠玉の64題
著者:杉山 義明
出版社:教学社
発売日:2018-11-28
ページ数:240 ページ
値段:¥2,530
(2020年09月 時点の情報です)

【考え方】
出ました。なんという問題でしょう。短いながらも面白い問題です。「そりゃあ、無理数だろ」っていう印象しかありませんが、どうやって示せばいいでしょうか。

当たり前ですが、$\tan 1^{\circ}$そのものを計算しようとしてはいけません。背理法を使って、「もし有理数だったら、矛盾が生じる」という方針でやっていくべきです。加法定理を使えば、新しく有理数を作り出せるので、このことを利用して解答を書いていきます。

わからない人にはさっぱりわからないですが、わかる人からすると5行ぐらいで解答が書けてしまう問題です。

1 2