京都大学 理系 2006年度後期 第1問 解説

問題編

問題

 1次式 $A(x),B(x),C(x)$ に対して $\{A(x)\}^2+\{B(x)\}^2=\{C(x)\}^2$ が成り立つとする。このとき $A(x)$ と $B(x)$ はともに $C(x)$ の定数倍であることを示せ。

【広告】
本書は、東京大学→JAXA→「数学に強い塾」として全国3校掲載の1つに選ばれた人気数学塾塾長による、一生役立つ思考力がマスターできる本です。
著者:永野 裕之
出版社:大和書房
発売日:2018-08-22
ページ数:208 ページ
値段:¥1,760
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

式を $a_1x+a_2$ などと置き換えてしまうと、文字が大量に増えて、処理が難しくなります。条件式を変形して、うまい条件が導けないか、試行錯誤してみましょう。

1 2