京都大学 文系 2013年度 第3問 解説

問題編

問題

 nk を自然数とし、整数 $x^n$ を整式 $(x-k)(x-k-1)$ で割った余りを $ax+b$ とする。

(1) ab は整数であることを示せ。
(2) ab をともに割り切る素数は存在しないことを示せ。

【広告】
過去50年(最古は1956年)の京大の入試問題から、今の受験生に解いてほしい問題をセレクト。
「THE京大な問題」をテーマ別にまとめた「入試問題傑作選」。オリジナル解答・解説。
本書で勉強することにより、京大数学に対し正しいイメージを作り上げることができます。
直前の過去問演習の前に、「27カ年」との併用として、あるいは、京大対策を始めたばかりの人にも。
難関大受験に向けて数学の底力をアップしたい人にも本書はオススメです。
著者:杉山 義明
出版社:教学社
発売日:2021-09-01
ページ数:256 ページ
値段:¥2,530
(2021年09月 時点の情報です)

考え方

京都大学 理系 2013年度 第3問 解説と少し似ていますが、割る式が異なっています。

形から剰余の定理を使うことが予想されます。(2)は k の条件で考えるとわかりやすいでしょう。

1 2