京都大学 文系 2013年度 第3問 解説

問題編

問題

 nk を自然数とし、整数 $x^n$ を整式 $(x-k)(x-k-1)$ で割った余りを $ax+b$ とする。

(1) ab は整数であることを示せ。
(2) ab をともに割り切る素数は存在しないことを示せ。

【広告】
どんなに複雑な構造の英文でも必ず読める、100のテクニックをわかりやすく解説。未知の英文にまで対応できる力を養成。文の構造把握から和訳へ至るための論理構成など、和訳の組み立て方のコツがわかる。
著者: 桑原 信淑
出版社: ピアソン桐原
発売日: 2009/02/01
230ページ

考え方

京都大学 理系 2013年度 第3問 解説と少し似ていますが、割る式が異なっています。

形から剰余の定理を使うことが予想されます。(2)は k の条件で考えるとわかりやすいでしょう。