京都大学 文系 2013年度 第2問 解説

問題編

問題

 平行四辺形 ABCD において、辺 AB を $1:1$ に内分する点を E、辺 BC を $2:1$ に内分する点を F、辺 CD を $3:1$ に内分する点を G とする。線分 CE と線分 FG の交点を P とし、線分 AP を延長した直線と辺 BC の交点を Q とするとき、比 AP:PQ を求めよ。

【広告】
京大理系数学の攻略には4つの思考過程を身につけよ!
大好評の「京大理系数学対策」参考書が新課程に完全対応!
珠玉の100問とプロセスまで詳説した丁寧な解説で、
数学を得点源にできる!
著者:池谷 哲
出版社:KADOKAWA
発売日:2016-09-18
ページ数:576 ページ
値段:¥2,530
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

この問題は理系第1問と同じなので、理系のページをご覧ください。