センター試験 数学I・数学A 2016年度 第2問 [2] 解説

問題編

【問題】
次の4つの散布図は、2003年から2012年までの120か月の東京の月別データをまとめたものである。それぞれ、1日の最高気温の月平均(以下、平均最高気温)、1日あたり平均降水量、平均湿度、最高気温25℃以上の日数の割合を横軸にとり、各世帯の1日あたりアイスクリーム平均購入額(以下、購入額)を縦軸としてある。

(図省略)

次の[ス]、[セ]にあてはまるものを、下の0から4のうちから一つずつ選べ。ただし、回答の順序は問わない。

これらの散布図から読み取れることとして正しいものは、[ス]と[セ]である。

0 平均最高気温が高くなるほど購入額は増加する傾向がある。
1 1日あたり平均降水量が多くなるほど購入額は増加する傾向がある。
2 平均湿度が高くなるほど購入額の散らばりは小さくなる傾向がある。
3 25℃以上の日数の割合が80%未満の月は、購入額が30円を超えていない。
4 この中で正の相関があるのは、平均湿度と購入額の間のみである。

【広告】

【考え方】
このサイトではグラフがありません。すみませんが、どこかで見てください。グラフから読み取ることはそんなに難しくなく、「相関」という言葉さえ知っていれば大学受験生でなくても解ける問題です。