京都大学 理学部特色入試 2020年度 第4問 解説

(2019年11月に行われた特色入試の問題です。)

問題編

問題

 四面体 $\mathrm{ ABCD }$ の面および内部から一直線上にない3点 P, Q, R を選ぶ。このとき、三角形 PQR の面積は四面体 ABCD の4つの面の面積のうち最大のものを超えないことを示せ。

【広告】
現役公立高校教師としては初めて、Youtubeに世界史の授業動画を公開し、たちまち、大学受験生や社会人、教育関係者から「神授業! 」として話題沸騰の現役・公立高校教師が書いた"新感覚"の世界史の教科書!大学受験、学び直しにも。高校生から、主婦、社会人まで必読の1冊!
著者:斎藤充
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2018-08-18
ページ数:352 ページ
値段:¥1,650
(2020年10月 時点の情報です)

考え方

イメージとしては、「そりゃそうでしょ」って感じなのですが、なぜかと言われるとどういえばいいのかわからないですね。3点を動かして、面積がより大きくなるようにすると、どれかの面と一致する、という方針で示すのがやりやすいでしょう。その場合には、2点を止めて1点ずつ動かすのがいいと思います。

1 2