京都大学 理系 2006年度 第5問 解説

問題編

【問題】
 $\triangle \mathrm{ ABC }$に対し、辺AB上に点Pを、辺BC上に点Qを、辺CA上に点Rを、頂点とは異なるようにとる。この3点がそれぞれの辺上を動くとき、この3点を頂点とする三角形の重心はどのような範囲を動くか図示せよ。

【広告】
■これぞ京大! 不朽の名作・傑作選。究極の思考力問題集
■“京大らしいテーマ"(誘導がない! /論証しにくい! /京大名物・整数問題…)で編成
■自力で解くための底力を養う珠玉の64題
著者:杉山 義明
出版社:教学社
発売日:2018-11-28
ページ数:240 ページ
値段:¥2,530
(2020年09月 時点の情報です)

【考え方】
ベクトルを使って解くのがいいでしょう。

Aを基準にするなどして、文字を減らすのが普通のやり方ですが、ここでは対称性を使って考えていくほうがきれいに解けます。動くものが3つありますが、一度に全部動かすのは大変です。1つずつ動かしてみましょう。

1 2