京都大学 理系 2006年度 第1問 解説

問題編

【問題】
 $Q(x)$を2次式とする。整式$P(x)$は$Q(x)$では割り切れないが、$\{P(x)\}^2$は$Q(x)$で割り切れるという。このとき2次方程式$Q(x)=0$は重解を持つことを示せ。

【広告】
Z会オリジナル模試(6回分)に加え、平成30年度試行調査を掲載しています。オリジナル模試で実戦力を養成したあとは、試行調査を用いて実力を確認することができます。
著者:Z会編集部
出版社:Z会
発売日:2020-06-08
ページ数:392 ページ
値段:
(2020年10月 時点の情報です)

【考え方】
$Q(x)$は2次式なので、$P(x)$を割った余りは1次式か定数になります。これを用いて、$\{P(x)\}^2$を$Q(x)$で割り切れる、という条件を変形していけば、解くことができます。

1 2