東京大学 文系 2021年度 第4問 解説

問題編

問題

 以下の問いに答えよ。

(1) 正の奇数 $K, L$ と正の整数 $A, B$ が $KA=LB$ を満たしているとする。 $K$ を $4$ で割った余りが $L$ を $4$ で割った余りと等しいならば、 $A$ を $4$ で割った余りは $B$ を $4$ で割った余りと等しいことを示せ。

(2) 正の整数 $a,b$ が $a\gt b$ を満たしているとする。このとき、 $A={}_{4a+1}\mathrm{C}_{4b+1}$, $B={}_a\mathrm{C}_b$ に対して $KA=LB$ となるような正の奇数 $K,L$ が存在することを示せ。

(3) $a,b$ は(2)の通りとし、さらに $a-b$ が $2$ で割り切れるとする。 ${}_{4a+1}\mathrm{C}_{4b+1}$ を $4$ で割った余りは ${}_a\mathrm{C}_b$ を $4$ で割った余りと等しいことを示せ。

(4) ${}_{2021}\mathrm{C}_{37}$ を $4$ で割った余りを求めよ。

【広告】
いまさら他人にきけない大学受験のことが、全部わかります。先輩たちの貴重な体験手記集。失敗しない大学・学部選びのコツ。現役生・浪人生のための勉強計画の立て方。失敗しない勉強法から、苦手科目の克服法。志望大学の攻略法、成績を伸ばすコツ。貴重な受験情報満載。
著者:エール出版社
出版社:エール出版社
発売日:2021-07-19
ページ数:208 ページ
値段:¥1,430
(2021年09月 時点の情報です)

この問題は、東京大学 理系 2021年度 第4問 解説と同じ問題ですので、そちらをご覧ください。(文理共通問題です)