東京大学 文系 2021年度 第2問 解説

問題編

問題

 $N$ を $5$ 以上の整数とする。 $1$ 以上 $2N$ 以下の整数から、相異なる $N$ 個の整数を選ぶ。ただし $1$ は必ず選ぶこととする。選んだ数の集合を $S$ とし、 $S$ に関する以下の条件を考える。

 条件1: $S$ は連続する $2$ 個の整数からなる集合を1つも含まない。
 条件2: $S$ は連続する $N-2$ 個の整数からなる集合を少なくとも1つ含む。

ただし、 $2$ 以上の整数 $k$ に対して、連続する $k$ 個の整数からなる集合とは、ある整数 $l$ を用いて $\{
l,l+1,\cdots l+k-1 \}$ と表される集合を指す。例えば $\{1,2,3,5,7,8,9,10\}$ は連続する3個の整数からなる集合 $\{1,2,3\}$, $\{7,8,9\}$, $\{8,9,10\}$ を含む。

(1) 条件1を満たすような選び方は何通りあるか。

(2) 条件2を満たすような選び方は何通りあるか。

【広告】
Z会オリジナル模試(5回分)に加え、平成30年度試行調査を掲載しています。オリジナル模試で実戦力を養成したあとは、試行調査を用いて実力を確認することができます。★第3問の読み上げ回数変更にも対応
著者:Z会編集部
出版社:Z会
発売日:2020-06-08
ページ数:264 ページ
値段:¥1,320
(2020年10月 時点の情報です)

考え方

(2)は、どういう切り口で数えるかで、めんどくささが大きく変わってきます。一番思いつきやすい切り口は、何個連続するかで分ける方法ですが、かなり複雑になります(別解に載せています)。

1 2