京都大学 文系 2014年度 第1問 解説

問題編

問題

 $0^{\circ}\leqq \theta \lt 90^{\circ}$ とする。 x についての4次方程式\[ \{ x^2 -2(\cos \theta)x -\cos\theta +1 \} \{ x^2+2(\tan\theta)x+3 \} =0 \]は虚数解を少なくとも1つ持つことを示せ。

【広告】
Z会オリジナル模試(5回分)に加え、平成30年度試行調査を掲載しています。オリジナル模試で実戦力を養成したあとは、試行調査を用いて実力を確認することができます。★第3問の読み上げ回数変更にも対応
著者:Z会編集部
出版社:Z会
発売日:2020-06-08
ページ数:264 ページ
値段:¥1,320
(2020年10月 時点の情報です)

考え方

4次方程式と言っても、2次式の積になっているので扱いやすいです。「虚数解を持つかどうか」を考えるには、それぞれの判別式を考えればいいですね。両方が0以上になることがない、を示せれば、虚数解が少なくとも1つあることが示せます。

1 2