京都大学 文系 2006年度後期 第1問 解説

問題編

【問題】
 さいころをn個同時に投げるとき、出た目の数の和が$n+2$になる確率を求めよ。

【広告】
オリジナル模試と過去問の演習で総仕上げ!
Z会オリジナル模試(5回分)に加え、2021年度本試験第1日程、第2日程を掲載しています。オリジナル模試で実戦力を養成したあとは、本試験の過去問を用いて実力を確認することができます。
著者:Z会編集部
出版社:Z会
発売日:2021-08-03
ページ数:208 ページ
値段:¥1,320
(2021年09月 時点の情報です)

【考え方】
ほとんどの目が1でないといけません。1以外の目がでるパターンは限られているので、場合分けをして確率を考えれば答えにたどり着けます。

別解では、もっと簡単に解く方法を紹介します。

なお、この問題は理系第3問の簡単バージョンです。

1 2