京都大学 文系 2006年度後期 第4問 解説

問題編

【問題】
 nを自然数とし、xy平面の次の領域\[ D_n = \left\{ \frac{x}{n+\frac{1}{2}} \leqq y \leqq [x+1]-x,\quad x\geqq 0 \right\} \]を考える。ただし、記号$[x]$はxより大きくない最大の整数を表すものとする。
このとき$D_n$の面積を求めよ。

【広告】
ハイレベルな基礎の徹底の上に、本物の数学力が育つ。東大受験指導の名門・鉄緑会大阪校で実際に行われている「数学の基礎固め」。東大・京大・難関国立大学を目指す受験生のための、強固な数学の基礎力がつく一書。
著者:鉄緑会大阪校数学科
出版社:KADOKAWA
発売日:2015-11-28
ページ数:337 ページ
値段:¥2,200
(2021年09月 時点の情報です)

【考え方】
[ ]はガウス記号と言いますが、このガウス記号がついたままだと考えにくいのでこれを外すことをまず考えます。kが整数のとき、$k \leqq x \lt k+1$という範囲で考えれば$[x]=k$となるので、こういう範囲で区切ってから考えます。少し考えれば、三角形の面積を出せばいいことがわかります。

求める面積は、各区間で区切ったものを足し合わせればいいので、最終的には2乗の和などの公式を使って解くことになります。

この年で一番難しい問題です。

1 2