なかけんの数学ノート

東京大学 理系 2016年度 第4問 解説

問題編

【問題】
zを複素数とする。複素数平面上の3点A$(1)$、B$(z)$、C$(z^2)$が鋭角三角形をなすようなzの範囲を求め、図示せよ。

[広告]

【考え方】
どうやって計算するかで、計算量がかなり変わってくる問題です。平行移動や回転をしても三角形の形は変わらないので、計算しやすい形に変形してから考えます。ここでは、Aが原点に来るように平行移動し、Bが実軸上にくるように回転させてから考えると、ほとんど計算することなく解けます。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, 東大理系, 東京大学
年度: 2016年度
分野: 複素数平面
トピック: 複素数平面
レベル: ふつう
キーワード: 鋭角三角形, 複素数, 複素数平面, 範囲を図示
更新日:2016/11/15