なかけんの数学ノート

京都大学 理系 2006年度 第6問 解説

問題編

【問題】
 $\displaystyle 0 \lt \alpha \lt \frac{\pi}{2}$として、関数Fを\[ F(\theta) = \int_0^{\theta}x\cos(x+\alpha)dx \]で定める。$\theta$が$\displaystyle \left[0,\frac{\pi}{2}\right]$の範囲を動くとき、Fの最大値を求めよ。

[広告]

【考え方】
最大値を求めるので、微分して増減表を書く、という流れで解いていきます。いつ最大をとるかがわかれば、最大値を求めるのも簡単です。部分積分を1回するだけで計算できます。微分積分の問題にしては簡単な問題です。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, 京大理系, 京都大学
年度: 2006年度
分野: 微分, 積分
トピック: 微分(理系), 積分(理系)
レベル: やややさし
キーワード: 最大・最小, 三角関数, 微分積分学の基本定理, 積分, 増減表, 微分
更新日:2016/11/15