東京大学 文系 2014年度 第2問 解説

問題編

問題

 a を自然数(すなわち $1$ 以上の整数)の定数とする。
 白球と赤球があわせて $1$ 個以上入っている袋 U に対して、次の操作(*)を考える。

(*) 袋 U から球を $1$ 個取り出し、
 (i) 取り出した球が白球のときは、袋 U の中身が白球 a 個、赤球 $1$ 個となるようにする。
 (ii) 取り出した球が赤球のときは、その球を袋 U へ戻すことなく、袋 U の中身はそのままにする。

 はじめに袋 U の中に、白球が $a+2$ 個、赤球が $1$ 個入っているとする。この袋 U に対して操作(*)を繰り返し行う。
 たとえば、 $1$ 回目の操作で白球が出たとすると、袋 U の中身は白球 a 個、赤球 $1$ 個となり、さらに $2$ 回目の操作で赤球が出たとすると、袋 U の中身は白玉 a 個のみとなる。
 n 回目に取り出した球が赤球である確率を $p_n$ とする。ただし、袋 U の中の個々の球の取り出される確率は等しいものとする。

(1) $p_1$, $p_2$ を求めよ。
(2) $n\geqq 3$ に対して $p_n$ を求めよ。

【広告】
ハイレベルな基礎の徹底の上に、本物の数学力が育つ。東大受験指導の名門・鉄緑会大阪校で実際に行われている「数学の基礎固め」。東大・京大・難関国立大学を目指す受験生のための、強固な数学の基礎力がつく一書。
著者:鉄緑会大阪校数学科
出版社:KADOKAWA
発売日:2015-11-28
ページ数:337 ページ
値段:¥2,200
(2021年09月 時点の情報です)

考え方

この問題は、理系第2問(1)(2)と同じ問題なので、解答は理系のページをご覧ください。