京都大学 理系 2017年度 第1問 解説

問題編

問題

 w を0でない複素数、 x, y を $w+\dfrac{1}{w}=x+yi$ を満たす実数とする。

(1) 実数 R は $R\gt 1$ を満たす定数とする。 w が絶対値 R の複素数全体を動くとき、 xy 平面上の点 $(x,y)$ の軌跡を求めよ。
(2) 実数 $\alpha$ は $0\lt \alpha\lt \dfrac{\pi}{2}$ を満たす定数とする。 w が偏角 $\alpha$ の複素数全体を動くとき、 xy 平面上の点 $(x,y)$ の軌跡を求めよ。

【広告】
この本のテーマは《伝える》ことです。私たちは、この本で、数学的に正当な思考・数学的な事実を、どうすれば文章にして他者に伝えられるか、懸命に説明しています。
著者:松野 陽一郎
出版社:旺文社
発売日:2018-09-18
ページ数:192 ページ
値段:¥1,540
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

まずは、実部・虚部を比較して式を作りましょう。そのあとは、(1)は偏角が消えるように、(2)は絶対値が消えるように変形していきます。

1 2