京都大学 文系 2006年度 第2問 解説

問題編

【問題】
 座標空間に4点$\mathrm{ A }(2,1,0)$、$\mathrm{ B }(1,0,1)$、$\mathrm{ C }(0,1,2)$、$\mathrm{ D }(1,3,7)$がある。3点A,B,Cを通る平面に関して点Dと対称な点をEとするとき、点Eの座標を求めよ。

【広告】
京大理系数学の攻略には4つの思考過程を身につけよ!

京都大学の前期試験の当日、数学の前の休み時間に大部分の受験生が開いていると実しやかに噂されている『セカ京』も3rdシーズンに突入。
新たに10題前後の問題を追加し、例題+類題を1セットとする50テーマにより、京大数学の過去問から特徴的な問題を網羅。
いかにして京大理系数学を解くかを、「理解」「計画」「実行」「検討」の4つステップで解説する構成はそのままに、難化が止まらない京大数学に対応するため本文を改定。
著者:池谷 哲
出版社:KADOKAWA
発売日:2021-01-29
ページ数:592 ページ
値段:¥2,530
(2021年09月 時点の情報です)

【考え方】
平面で、直線に関してある点と対称な点を求める、というのはよくありますが、空間ではあまりないかもしれません。しかし、やることは一緒です。元の点とその点と対称な点を結んだ線は平面と垂直になり、中点はその平面上にあります。この条件を使って座標を求めていきます。垂直の条件は内積で書けるので、ベクトルを使うのがいいでしょう。

1 2