【標準】ベクトルの成分と大きさの最小値

ここでは、ベクトルの成分を使って、ベクトルの大きさの最小値を求める問題を考えます。また、この問題の図形的な意味についても見ていきます。

【広告】
※ お知らせ: 筑波大学附属中学の入試問題を数学を使って大人げない方法で解く、という動画を公開しました。

ベクトルの成分とベクトルの大きさの最小値

例題
$\vec{a}=(3,1)$, $\vec{b}=(2,-1)$ のとき、 $|\vec{a}+t\vec{b}|$ の最小値を求めなさい。
【広告】
日常学習と入試対策への必須問題を漏れなく収録。章トビラに、その章で扱う例題とコラムの一覧を掲載。本文は、定理や公式など、問題を解く上で基本となるものをまとめた「基本事項」、教科書で扱われているレベルの問題が中心の「基本例題」、入試対策に向けた、応用力の定着に適した問題がそろった「重要例題」などで構成。各単元末には、例題に関連する問題を取り上げた「EXERCISES」を収録。他の単元の内容が絡んだ問題や、応用度がかなり高い問題を題材とする例題は、「関連発展問題」として適宜章末などに収録。巻末には、基本~標準レベルの入試問題を中心に取り上げた「総合演習」、大学入学共通テストの対策ができる「実践編」を収録。
著者:チャート研究所
出版社:数研出版
発売日:2019-11-01
ページ数: ページ
値段:¥2,365
(2020年09月 時点の情報です)

【基本】ベクトルの成分と演算で見たように、ベクトルの大きさは、成分を使って表すことができます。そのため、まず成分について考えましょう。

成分は
\begin{eqnarray}
\vec{a}+t\vec{b}
&=&
(3,1)+t(2,-1) \\
&=&
(3+2t,1-t) \\
\end{eqnarray}となります。そして、各成分を2乗して足したものが、ベクトルの大きさの2乗となります。なので、
\begin{eqnarray}
|\vec{a}+t\vec{b}|^2
&=&
(3+2t)^2+(1-t)^2 \\[5pt] &=&
9+12t+4t^2+1-2t+t^2 \\[5pt] &=&
5t^2+10t+10 \\[5pt] &=&
5(t+1)^2+5 \\[5pt] \end{eqnarray}となります。このあたりの計算は、【基本】二次関数の最大・最小などでやりましたね。

上のグラフから $t=-1$ のときに $|\vec{a}+t\vec{b}|^2$ は最小値 $5$ をとります。 $|\vec{a}+t\vec{b}|$ は0以上の値しかとらないので、 $t=-1$ のときに最小値をとることがわかり、その値は $\sqrt{5}$ となります。

成分を用いて大きさを表現した後は、二次関数の問題として考えていけばいいですね。

図形的な意味

先ほどの例題は、計算だけで解くことができるのですが、図形的に考えることも重要です。ここでは、図形的な意味について見ていきます。

$\vec{a}$, $\vec{b}$ は、上の図のようになります。始点を原点に合わせています。このとき、 $\vec{a}+t\vec{b}$ はどうなるかを考えてみます。

$\overrightarrow{ \mathrm{ OA } }=\vec{a}$, $\overrightarrow{ \mathrm{ OB } }=\vec{b}$ となるように、点 A, B をとりましょう。 $t\vec{b}$ は $\vec{b}$ と平行なベクトルを表すことから、 $\overrightarrow{ \mathrm{ OP } }=\vec{a}+t\vec{b}$ となるように点 P をとれば、 P は「A を通り、 OB に平行な直線」の上にあることがわかります。この直線のことを l と書くことにしましょう。

P が直線 l の上にある」という見方も大事なのですが、これを踏まえて $|\vec{a}+t\vec{b}|$ について考えることも大事です。これは、今までの言葉で書くと、 OP の長さのことですね。つまり、「直線 l 上の点で、原点から一番近いとき」というのが、 $|\vec{a}+t\vec{b}|$ が最小になるときと一致します。これは「P が、原点から直線 l に下した垂線と直線 l との交点に一致するとき」であることがわかります。

図形的に考えた場合、ベクトルと点の座標が対応していること、ベクトルの t 倍が直線に対応していること、ベクトルの大きさが原点からの距離に対応していること、といった見方ができるわけですね。その結果、先ほどの例題で考えた「ベクトルの大きさが最小となるとき」というのは、原点から直線に引いた垂線の足に対応していることがわかります。

このように、図形とベクトルとを対応させて考えることは、ベクトルを理解するうえでも大事ですし、ベクトルを使って図形の問題を解くときなどにも役立ちます。

おわりに

ここでは、ベクトルの成分を使って、ベクトルの大きさの最小値を考える問題を見ました。計算としては、単なる二次関数の問題へと帰着されますが、図形的にも意味がありましたね。こうした図形的な解釈も、ベクトルの理解には重要なので、おさえておきましょう。