東京大学 文系 2006年度 第1問 解説

問題編

【問題】
 四角形ABCDが、半径$\displaystyle \frac{65}{8}$の円に内接している。この四角形の周の長さが$44$で、辺BCと辺CDの長さがいずれも$13$であるとき、残りの2辺ABDAの長さを求めよ。

【広告】
河合塾数学科の考える「思考力・判断力・表現力」をまとめ、これに基づいて過去の入試問題を分析し、その中から思考力を養うために経験しておきたい問題を収集し解答・解説を収録。また、思考調査の問題を参考にして「共通テスト型問題」を作成。
著者:河合塾数学科
出版社:河合出版
発売日:2018-06-01
ページ数:125 ページ
値段:¥1,430
(2020年09月 時点の情報です)

【考え方】
使える条件が少ないように見えますが、円に内接している三角形がたくさんあるので、実は使える条件はたくさんあります。余弦定理も組み合わせれば、いろいろな辺と角を求めることができます。三角比の公式を使いこなせないといけない上、計算が少し煩雑です。

ここでは、ACに着目して解いていきます。

1 2