京都大学 理系 2012年度 第1問 解説

問題編

問題

 次の各問に答えよ。
(1) a が正の実数のとき $\displaystyle \lim_{n\to\infty} (1+a^n)^{\frac{1}{n}}$ を求めよ。
(2) 定積分$\displaystyle \int_1^{\sqrt{3}} \frac{1}{x^2} \log\sqrt{1+x^2} dx$ の値を求めよ。

【広告】
ファンタジーイラスト×リアルデータで贈るエンタメ学科ガイド。ライトな見た目とは裏腹に収録情報は骨太。伝統ある定番の学科から新進気鋭の学科まで、多様化する専攻分野の実態と卒業後の進路を、学費・取得資格&検定、進路&就職先といったお役立ち情報とともに楽しく解説していきます。
著者:石渡 嶺司
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2017-09-15
ページ数:192 ページ
値段:¥1,100
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

(1)は、 $1$ と $a^n$ を比較して、どちらの影響が大きくなるかを考えるといいでしょう。そうすると、どこで場合分けをしないといけないかが見えてきます。影響が小さくなる方を、はさみうちの定理などを使って示すといいでしょう。

(2)は、(1)とは関係のない問題です。 $\log$ や $1+x^2$ の形から、どんな積分の計算を使っていたか、思い出しながら解いていきましょう。

1 2