センター試験 数学I・数学A 2014年度 第1問 [1] 解説

問題編

問題

 $\displaystyle a=\frac{1+\sqrt{3}}{1+\sqrt{2}},\ b=\frac{1-\sqrt{3}}{1-\sqrt{2}}$ とおく。

(1) $ab=[ア]$
 $a+b=[イ]([ウエ]+\sqrt{[オ]})$
 $a^2+b^2=[カ]([キ]-\sqrt{[ク]})$
である。

(2) $ab=[ア]$ と $a^2+b^2+4(a+b)=[ケコ]$ から、 a は\[ a^4+[サ]a^3-[シス]a^2+[セ]a+[ソ]=0 \]を満たすことがわかる。

【広告】
河合塾数学科の考える「思考力・判断力・表現力」をまとめ、これに基づいて過去の入試問題を分析し、その中から思考力を養うために経験しておきたい問題を収集し解答・解説を収録。また、思考調査の問題を参考にして「共通テスト型問題」を作成。
著者: 河合塾数学科
出版社: 河合出版
発売日: 2018/06/01
125ページ

考え方

(1)は、有理化をするのかな、と思いきや、別に有理化をする必要はありません。直接計算したほうが早いです。 $ab$ と $a+b$ を求めて、 $a^2+b^2$ を求める流れは、よくあるパターンですね。

(2)は、 $ab$ の値をどう使うかが少しわかりにくいかもしれません。ただ、 b が消えていることに気づけば、使い方はひらめくでしょう。