なかけんの数学ノート

京都大学 文系 2014年度 第2問 解説

問題編

問題

 t を実数とする。 $y=x^3-x$ のグラフ C へ点 $\mathrm{ P }(1,t)$ から接線を引く。
(1) 接線がちょうど1本だけ引けるような t の範囲を求めよ。
(2) t が(1)で求めた範囲を動くとき、 $\mathrm{ P }(1,t)$ から C へ引いた接線と C で囲まれた部分の面積を $S(t)$ とする。 $S(t)$ の取りうる値の範囲を求めよ。

[広告]

考え方

「通る点」を中心に考えるのではなく、「接点」を中心に考えましょう。「接線が1本だけ」というのは、「接点が1点だけ」と言い換えて考えていきます。この考え方を使った問題は入試ではよく出題されるので、見たことがある人は多いでしょう。

(2)も、接点を中心に考えていきます。接点以外の共有点の座標は、簡単に求められます。接点がどの範囲を動くかに注意して、面積の範囲を求めましょう。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, 京大文系, 京都大学
年度: 2014年度
分野: 微分と積分の基礎
トピック: 微分(文系), 積分(文系)
レベル: ややむずい
キーワード: 面積, 積分, 増減表, 微分
更新日:2017/02/24