東京大学 理系 2012年度 第4問 解説

問題編

問題

 $n$ を2以上の整数とする。自然数(1以上の整数)の n 乗になる数を n 乗数と呼ぶことにする。以下の問いに答えよ。

(1) 連続する2個の自然数の積は n 乗数でないことを示せ。
(2) 連続する n 個の自然数の積は n 乗数でないことを示せ。

【広告】
本書は、東京大学→JAXA→「数学に強い塾」として全国3校掲載の1つに選ばれた人気数学塾塾長による、一生役立つ思考力がマスターできる本です。
著者:永野 裕之
出版社:大和書房
発売日:2018-08-22
ページ数:208 ページ
値段:¥1,760
(2020年09月 時点の情報です)

考え方

積に関する問題なので、素因数分解をしたり、倍数に着目して考えていきましょう。どちらも、「連続する2つの自然数が互いに素であること」を使います。

なお、問題文は似ていますが、(2)を解くときに(1)の結果を使う必要はありません。

1 2