なかけんの数学ノート

東京大学 理系 2014年度 第4問 解説

問題編

問題

 p, q は実数の定数で、 $0 \lt p \lt 1$, $q \gt 0$ をみたすとする。関数\[ f(x) = (1-p)x +(1-x)(1-e^{-qx}) \]を考える。
 以下の問いに答えよ。必要であれば、不等式 $1+x\leqq e^x$ がすべての実数 x に対して成り立つことを証明なしに用いてよい。

(1) $0 \lt x \lt 1$ のとき、 $0 \lt f(x) \lt 1$ であることを示せ。
(2) $x_0$ は $0 \lt x_0 \lt 1$ をみたす実数とする。数列 $\{x_n\}$ の各項 $x_n$ $(n=1,2,3,\cdots)$ を、\[ x_n = f(x_{n-1}) \]によって順次定める。 $p \gt q$ であるとき、\[ \lim_{n\to\infty} x_n = 0 \]となることを示せ。
(3) $p \lt q$ であるとき、\[ c=f(c), \quad 0 \lt c \lt 1 \]をみたす実数 c が存在することを示せ。

[広告]

考え方

(1)は、微分して極値を調べる、という手法を使ってしまいがちですが、その必要はありません。与えられた条件から各パーツを組み合わせるだけで、示したい不等式が導けます。

(2)は、(1)から各項が正ということがわかります。あとは上からおさえてはさみうちに持ち込むパターンです。ヒントの式を使います。

(3)は、この形を見た瞬間に平均値の定理や中間値の定理を思いつきたいところです。関数の端っこの挙動を調べて示します。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, 東大理系, 東京大学
年度: 2014年度
分野: 関数と極限, 微分
トピック: 関数と極限, 微分(理系)
レベル: ふつう
キーワード: 中間値の定理, 微分, 極限
更新日:2016/12/20