なかけんの数学ノート

東京大学 文系 2006年度 第4問 解説

問題編

【問題】
 $\theta$は、$0^{\circ} \lt \theta \lt 45^{\circ}$の範囲の角度を表す定数とする。$-1\leqq x \leqq 1$の範囲で、関数$f(x) = |x+1|^3 +|x-\cos 2\theta|^3 +|x-1|^3$が最小値をとるときの変数xの値を、$\cos\theta$で表せ。

[広告]

【考え方】
問題をパッと見た段階では、絶対値が3つも入っていて場合分けが大変そう、という印象を受けます。しかし、範囲が限定されているので、見た目ほど大変ではありません。1つ目と3つ目の絶対値は、場合分けをすることなく外すことができます。

2つ目の絶対値は、通常であれば、場合分けをして外さないといけません。しかし、今の場合は「最小値をとるときのx」だけを考えればいいので、場合分けをしなくても計算することはできます。

$f(x)$の中に$\cos 2\theta$が入っているので、どこかで倍角の公式を使うというのもヒントになっています。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, 東大文系, 東京大学
年度: 2006年度
分野: 三角関数, 微分と積分の基礎
トピック: 三角関数, 微分(文系)
レベル: ややむずい
キーワード: 最大・最小, 倍角の公式, 三角関数, 増減表, 微分
更新日:2016/11/15