なかけんの数学ノート

京都大学 理系 2017年度 第6問 解説

問題編

問題

 $n$ を自然数とする。 n 個の箱すべてに、 1, 2, 3, 4, 5 の5種類のカードがそれぞれ1枚ずつ計5枚入っている。各々の箱から1枚ずつカードを取り出し、取り出した順に左から並べて n 桁の数 X を作る。このとき、 X が3で割り切れる確率を求めよ。

[広告]

考え方

$n+1$ と $n$ の場合を比較して、漸化式を作って考えましょう。n 桁のときと $n+1$ 桁とのときで、3で割った余りが0になるのはどういう場合かを考えましょう。漸化式が出れば、そのあとはよくある流れです。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, 京大理系, 京都大学
年度: 2017年度
分野: 場合の数と確率, 数列
トピック: 確率, 数列
レベル: ふつう
キーワード: 確率, 漸化式
更新日:2017/02/25