なかけんの数学ノート

センター試験 数学II・数学B 2006年度 第5問 [2] 解説

問題編

(このサイトでは、問題文にあるグラフを掲載することができません。ご了承ください)

【問題】
 変量$p$と変量$q$を観測した資料に対して、相関図(散布図)を作ったところ、次のようになった。ただし、相関図(散布図)中の点は、度数1を表す。

 (散布図は省略)

(1) 二つの変量pqの相関係数に最も近い値は[シ]である。[シ]に当てはまるものを、次の0~6のうちから一つ選べ。

 0:-1.5、 1:-0.9、 2:-0.6、 3:0.0
 4:0.6、 5:0.9、 6:1.5

(2) 同じ資料に対して度数をまとめた相関表を作ったところ、次のようになった。例えば相関表中の7の7という数字は、変量pの値が60以上80未満で変量qの値が20以上40未満の度数が7であることを表している。

 (相関表は省略)

 このとき、変量pのヒストグラムは[ス]であり、変量qのヒストグラムは[セ]である。[ス]、[セ]に当てはまるものを0~6のうちから一つずつ選べ。

 (選択肢のヒストグラムは省略)

[広告]

【考え方】
グラフや表を見て答える問題です。難しい計算もなく、グラフも難しくないので答えやすいと思います。

(1)は、右肩上がりか右肩下がりか、散らばり方はどうかをチェックして答えます。

(2)は、度数が出ているので、足し合わせて考えると正しいヒストグラムが選べます。

次のページへ進む ⇒

[広告]
試験名: 大学入試, センター試験, センターIIB
年度: 2006年度
分野: データの分析
トピック: データの分析
レベル: やややさし
キーワード: 相関表, 相関係数, 散布図, ヒストグラム
更新日:2016/11/15